薪ストーブで焼くビーフステーキ・バターポテト添え

<材料(2人分)>                                       【バターポテト】
ステーキ牛肉     :     2枚250g      バター                             : 大さじ1
バター        :      大さじ2         イタリアンパセリ  :  適量                 にんにく         :                      1片                     塩・粗挽き胡椒      :   少々   
塩・粗挽き胡椒      :                         少々
赤ワイン         :                     
大匙2                                                                                          オリーブオイル        :                       少々                        
ローズマリー    :       一枝                                                 


ビーフステーキの調理時間は短い。火力と焼き上げ時間次第で一瞬にして勝負がつく。薪ストーブの熾火は圧倒的に味方してくれる。せっかくなのでコーヒー一杯諦めてでも少し良い牛肉で挑戦したい。ここでは一人120g厚さ2cm950円の黒毛和牛を使った。肉は厚めがおいしい。外はこんがり、中はピンク、今までで最高の出来になった。塩とコショウは、片面のみに振るので注意。また焼き過ぎるとすべてが台無しになるので少しレアー気味に・・・。簡単な料理だけれど意外に難しい。

<作り方>
肉は30分以上前に冷蔵庫から出し常温に戻しておく。その間に下のポテト等付け合わせの準備へ。ストーブを使う場合は調理40分以上前に最後の薪をくべて250度以上に維持ししっかり熾火を作っておく。
焼く直前に肉の片面のみに、塩2つまみ位とコショウを30cm位の高い位置から均一になるよう親指と人差し指、中指で擦りながら振りかける。にんにくは1ミリ程度にスライスしておく。
熾火状態の炉内にスタンドを立て、燠を中央に寄せておく。
ストーブ天板上で熱したフライパンにオリーブオイルとバターを少し入れ弱火でニンニクと
ローズマリーを軽く色ずくまで炒めて作業皿に取り出しておく。フライパンは鉄製で厚いものが
よく、ここでは鍛鉄のターク社製フライパンを使っている。一枚鉄からの手作りで少し高いが
一生ものだと思えば安く長く楽しめる。
いよいよ肉を焼く。フライパンに少しオリーブオイルを足し、盛り付けの表側、即ち塩胡椒した
側から炉内スタンドで最初の30秒間は強めの火で一気に焼く。ミディアムならその後中火で120秒、火が強い場合ストーブ天板と交互で火力調整も。ウェルダンなら天板上でさらに30秒焼く。
表面にすこし血がわいた状態になる。
肉を裏返して、さらに中火で約60秒焼く。焼く途中でむやみに返したり押さえつけたりすると旨みが逃げる。
ソースは残り油にバターを少しと赤ワイン少々入れ、取り出していたニンニクとローズマリーも
戻してバターが溶けたら、メイン皿の肉にニンニクとローズマリーをのせてソースをかける

〈付け合わせの作り方-バターポテト〉
ジャガイモは皮と芽は取っておく。厚さ1から2センチ弱程度に粗く切る。
イタリアンパセリはみじん切りに。
手鍋でジャガイモを水からゆで始める。ゆです過ぎない様時々
串を刺して少し固めにゆでる。
水切りした鍋を弱火にかけ、バターを入れて軽く混ぜバターが溶けたら刻んだパセリも加え、塩コショウして味を調えたら出来上がり。
メインのお皿に沿える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です