イチゴソースのパンナコッタ

<材料(2人分)>
生クリーム     :  100㏄
牛乳          100㏄
グラニュー砂糖   :  20g
粉ゼラチン     :  4g
バニラエッセンス  :  1~2滴
イチゴ       :  100g+飾用数個                 
レモン汁      :  少々
グラニュー砂糖(ソース用) : 小匙2


ソーラーシェアリング下の畑を1ミリネットで完全に囲ったので鳥獣被害を気にすることなくイチゴの栽培が可能となった。そこで採れたてのイチゴでパンナコッタに挑戦。イタリアン・ドルチェのなかで最も手軽につくれて楽しめるものかも知れない。ちなみに、イタリア語でpannaは生クリーム、cottaは煮るという意味らしい。

<パンナコッタの作り方>
ゼラチン粉を大匙3杯の水でふやかしておく。
生クリーム、牛乳、砂糖、バニラエッセンス(無くても可)を鍋にいれて火にかける。沸騰しない程度80度くらいまで温めて砂糖が解けたら火からおろす。
①のゼラチンを鍋に入れてかき回しよく溶かす。
鍋を冷水に浸け、あら熱を取ってドルチェ用の器(ここではアイスクリーム用の紙カップ、その他グラス等)にいれ、冷蔵庫で1~2時間冷やして固める。固すぎるときは次回からゼラチンの量を減らす。


<イチゴソースの作り方>
飾り用のイチゴ以外をすべてハンドミキサーでピューレ状にする。
①と砂糖を鍋に入れて弱火にかけ混ぜながら一煮立ちしたら火からおろす。あら熱を取って冷蔵庫で冷やしておく。
固まったパンナコッタの上に②のイチゴピューレをかけ、ヘタを取った飾り用のイチゴとミントなど青いものを飾ったら出来上がり。
※紙カップのパンナコッタをお皿に出すには、匙等で回りに隙間をいれ、お湯にカップを少し浸けた後さかさまにお皿にたたくようにして押し出す。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です