牛肉のローズマリー・タリアータ

<材料(2人分)>
牛ヒレ又はロース肉2枚   200g~300g
ローズマリー        1枝+飾り用2枝
にんにく        :  1片
オリーブオイル     :  適量
レモン
         :  
1/4個
塩・コショウ      :  少々
ホウレンソウ      :  2束


タリアータとは薄く切るという意味。ルッコラなどをたくさん添えて出すことも多いトスカーナ地方のシンプルで素朴な料理。ここではローズマリーをシンプルに添えた。ロゼ色に焼けた肉の切り口が食欲をそそる。焼いた肉を直ぐに盛らず、しばらく休ませるのがポイント。

<作り方>
肉は1時間位まえには室温に戻しておく。
フライパンにオリーブオイルを入れ中火でニンニクのスライスと飾り用のローズマリーの枝を入れて香りをつける。ニンニクの色が変わりだしたら両方とも一旦取り出しておく。
枝から外したローズマリーの葉をまぶした肉を、強火で裏表とも2分程度焼く。
焼いた直後は肉汁が暴れているので、アルミホイルで包み5分から10分程度休ませる。

肉を斜めにスライスしてロゼ色が見えるようにお皿に盛って、塩コショウをしっかり振る。ここでは後塩としたが、焼く前に塩コショウしてもよい。
フライパンに残った焼き汁をソースとして回しかけ、さらにレモンを搾りかけて、控えのニンニクスライスとローズマリーの枝を飾りったら出来上がり。